ビットコインについて

2008年ビットコインの開発者中本哲史氏はインターネットの誕生以来の革新的なブロックチェーン皆で監視しあう分散型のシステムによる電子通貨ビットコインに関する論文を発表。2009年「世界共通の安全な通貨があったら良いなー」という思いから、ITに詳しい人達が集まってさらに安全に作り上げた通貨です。

 

ビットコインはネット上の「通貨」で国境に縛られずに格安の手数料で国内・海外送金や買物出来たり飲食代を払ったり個人間送受金出来る日本の法律で通貨として認めた通貨です。

 

暗号通貨(仮想通貨)は世界にビットコインの他リップル・ライトコイン・オーラコインなどがあるがビットコインが主流です。

 

日本の通貨「紙の10,000円札」は、みんながお金だと思い信頼しているから通貨として流通している。ビットコインも通貨として思っている人がいるから流通して、使う人が増えているから価格が上昇している。

メリット

◆スマホからスマホへ送金が格安で出来る

銀行で国内送金の場合、108円~数百円程度ですがビットコインは1/10程度の手数料です。

 

◆店主・事業主はクレジット手数料の節約、即現金化が出来る

クレジットカードの場合、店主・事業者は3%~7%(25日決済)の手数料がかかりますが、ビットコインは手数料が安く経費削減になり、即現金化が出来ます。

 

◆海外送金手数料が格安で出来る

海外送金の場合、銀行振込は数千円と非常に高コストですが、ビットコインで海外送金すると格安の手数料で送金できます。

 

◆送金を素早くできる

銀行振込の場合は、平日の営業時間内でしか振込できませんがビットコインは365日24時間送金・入金が素早く出来ます。

 

◆買物や飲食代の支払いが便利になる

財布を持たずに、スマホのマイウォレットから1円単位で支払いが出来便利になります。

 

◆個人間の送金ができる

ビットコインは、銀行ではできない個人間同士で簡単にで送受金できます。

 

◆投資価値が上がる

金の埋蔵量が決まっているように、ビットコインも上限2,100万bitと設定されているため需要が増えるにしたがって価格が値上がり金融資産を増やすことが期待できます。

 

デメリット

急激に増えているもののまだショップでビットコインを使用できるお店が少ない。

マネーロンダリングなど犯罪の温床になりかねないことなどがデメリットとされている 。

ホットナビ株式会社業務内容

◆ビットコイン決済店登録手続代行業務

◆ビットコイン取引口座開設手続代行業務

◆ビットコインATM設置登録手続代行業務